障害者と健常者のバリアフリーを目指し設立された「信誠会」では、より良い福祉の充実を目指し、音楽を通じて様々な活動を行っています。

GBGB2019 アーティストラインナップ

  • HOME »
  • »
  • GBGB2019 アーティストラインナップ

ROGUE

ROGUE

MEMBER

Vo: 奥野敦士 / Gt: 香川誠 / Ba: 西山史晃 / Dr: 深澤靖明

PROFILE

2013年、YAMADAグリーンドーム前橋でのコンサートで23年振りの復活を果たした4人組バンドROGUE。
不慮の事故を乗り越えて歌い上げるヴォーカル奥野敦士の姿は大きな感動と反響を呼びました。
1990年の「SOLID BLUE」から四半世紀近くを経て、4人が発するコトバとメロディ、バンド・サウンド、 そして変わらぬ個性を放つ奥野敦士の歌声は、世代を超越し、多くの人の心へと響き渡る。

LINK

奥野敦士の気まぐれ日記/ウェブリブログ

SILENT SIREN

SILENT SIREN

MEMBER

Vo&G: すぅ(吉田菫) / Dr: ひなんちゅ(梅村妃奈子) / Ba: あいにゃん(山内あいな) / Key: ゆかるん(黒坂優香子)

PROFILE

Vo&G.すぅ(吉田菫)、Dr.ひなんちゅ(梅村妃奈子)、Ba.あいにゃん(山内あいな)、Key.ゆかるん(黒坂優香子)の4名からなるガールズバンド。

2012年11月、シングル「Sweet Pop!」でメジャーデビュー。通称「サイサイ」として親しまれ、原宿を中心に女子中高生に人気が広がり、LINE公式アカウントの登録者数は現在54万人を超える。

2015年にガールズバンド史上デビュー後最短で日本武道館ワンマンライブを開催し、2016年には横浜アリーナ単独公演も成功させ、5カ国6都市を回るワールドツアーも同年に敢行。2013年にリリースした「ビーサン」からシングルアルバムあわせオリコンウィークリーチャート10 位以内を15作連続で獲得中。

2016年年末、ユニバーサルミュージック/ EMI Recordsへの移籍を発表。同時にバンドロゴ、バンド名表記を全大文字へと一新。2017年にはデビュー5周年記念日にツアーファイナルとしてバンド初となる武道館2Days公演を成功させる。

そして2018年開催のバンド史上最多公演の全国ライブツアー「天下一品presents SILENT SIREN LIVE TOUR 2018 〜”Girls will be Bears”TOUR〜」が3/18からスタート。デビュー6年目を迎えさらに勢いを増す唯一無二のガールズバンド。

LINK

SILENT SIREN オフィシャルサイト

清春

清春

PROFILE

1994年 黒夢のヴォーカリストとしてメジャーデビュー。
2003年 ソロデビュー。
2019年はデビュー25周年を迎えるアニバーサリーイヤーとしてカヴァーアルバムのリリースと自伝本の出版を発表している。

LINK

KIYOHARU OFFICIAL WEBSITE

JAM Project

JAM Project

MEMBER

影山ヒロノブ / 遠藤正明 / きただにひろし / 奥井雅美 / 福山芳樹

PROFILE

JAM Projectは「アニソン界」を代表する実力派シンガーによって、2000年に立ち上げられたスーパーユニット。
世界に誇る進歩した日本のアニメーションに見合う主題歌を作り歌っていきたいと、シンガー達自らが立ち上がり、集う。
アニメやゲームに付随した主題歌文化に磨きをかけていきたい‥‥そんな欲望をもってJAM Projectは「アニソン」というジャンルの中で独自の地位を築き上げた。
メンバー自らが主題歌の「曲づくり」にも携わり、「作品」=「主題歌」を目指して、常に制作者と表現者を兼ねて邁進。メンバーは個人でも活躍の中、お互いに刺激しあい、一人一人の豊かな個性が一つの名のもとに集うことで、JAM Projectならではの「主題歌」を創り上げる。昨年10月には13枚目のベストコレクションアルバム『A-ROCK』を発表。
2019年4月、TVアニメ『ワンパンマン』第2期オープニング主題歌、ゲーム『スーパーロボット大戦T』主題歌、2タイトル同時リリース。
2020年の結成20周年に向け更に精力的に活動を続けている。

LINK

JAM Project Official Website

PIGGY BANKS (矢沢洋子)
*6/30の出演予定でしたが、6/29出演に変更となりました。

PIGGY BANKS

PROFILE

12歳で家族と共にL.A.に移住。
日本に帰国後、2008年秋にユニットでメジャーデビュー。
低音からハイトーンまでの安定した歌唱力は聴く者を魅了する。
2010年2月から本名での活動を開始。
2011年からは、台湾や中国のロックフェスティバルに呼ばれるなど、アジア進出を開始。
2014年ガールズバンド「PIGGY BANKS」結成。ヴォーカル:yoko、ギター:keme、ベース:akkoによるガールズバンド「PIGGY BANKS」結成。様々なライヴやイベントへ神出鬼没に出演。
2015年に本格的にライヴ活動を開始し「FUJI ROCK FESTIVAL 2015」「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2015」「中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2015」等のフェスにも出演。2016年4月、PIGGY BANKS 1st ALBUM「タイムスリラー」リリース。
2017年6月、PIGGY BANKS 2st ALBUM「ドゥ シュビドゥバイン」リリース。
2018年6月、矢沢洋子が自身初の舞台《「銀河鉄道999」〜GALAXY OPERA〜》にリューズ役として出演し、
初挑戦とは思えないような演技と存在感で非常に高い評価を得る。
11月には自身メジャーデビュー10周年を記念してのアニバーサリーライヴを渋谷WWW Xにて開催する。
2018年12月3日をもってベースakkoの脱退を発表。現在Yoko、kemeの2名のメンバーで活動中。媚びない女性ロックバンドとして、日本の音楽シーンに存在感を放っている。

LINK

矢沢洋子 オフィシャルHP

PIGGY BAKNS オフィシャルHP

INORAN (LUNA SEA)

INORAN

PROFILE

1997年よりソロ活動を開始。
1stアルバム「想」では世界的アーティストDJ KRUSH とタッグを組み、当時まだ日本ではメジャーではなかったhip hop を取り入れた最先端の音楽を表現し、大きな注目を集めるソロ活動の口火を切った。

近年では、英国で絶大な人気を誇るギター・ロック・バンドFEEDER のベーシストTAKA HIROSE との共作となったシングル「Hide and Seek」(2011年10月5日発売)でオリコン・ウィークリーチャート初登場10 位を記録。

また、ソロ活動中には、洋楽ファンからも支持の高かったFAKE? のメンバーとしての活動や、香港ではGUN’ S AND ROSES のオープニング・アクトを務めたり、LUNA SEA の河村隆一らと結成したTourbillon では、日本武道館でデビューライブを飾る等精力的な音楽活動を展開した。

その他、2008年には映画「《a》symmetry」の音楽プロデュースや、日本最大級のファッションショー「KOBE COLLECTION」で」の楽曲提供及びモデル参加等、活動の場を拡げている。

海外に於いても特にアジア圏での人気は高く、2008 年には台湾及び韓国で開催された大型ロック・フェスティバルへ出演、さらに台湾、香港での単独公演も成功させている。
2012年、自身のソロ15 周年イヤーでは、9 枚目のソロ・アルバム「Dive youth, Sonik dive」にて全編英詞のバンドサウンドを展開、そのアルバムを携え初のWORLDTOUR(アジア及びヨーロッパ合計8 カ国公演)も行い、海外を視野に入れた本格的な活動をスタートさせた。
並行して、2012 年11月よりLUNA SEA の活動再開により日本のみならず世界的にも大きな話題を振りまいている。

2013年には、ソロとしてはFAKE? の10 周年記念ライブ(2/23@ 渋谷O-EAST) の出演、そして15 周年イヤーを締め括るZepp DiverCiry 公演(3/23)「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」の出演、9月の全国ツアー、FEEDER のTAKA 等と結成した多国籍バンドMuddy Apes としては2nd アルバム発売(7/3)、「FUJI ROCK FESTIVAL」の出演、FAKE? との2マン東名阪ツアー、更にLUNA SEA はシングル2枚と13年5ヶ月ぶりのオリジナルアルバムの発売など目まぐるしく駆け抜けた年となった。

2014年はLUNA SEA 25周年を記念して、久しぶりの全国ツアーを展開、5月29日代々木国立競技場第一体育館を皮切りに、全国ホールツアー、そして2015年3月14日大阪城ホールにて、約1 年に渡る長いツアーの幕を閉じた。

追記として、2010年にフェンダー社とのエンドースメント契約を締結し、日本人ギタリスト初のシグネイチャー・ジャズマスターを発表した。それから約2年の時を経て、2012年には第2弾のシグネイチャー・モデル“INORAN JAZZMASTER #2 LTD,Masterbuilt by Dennis Galunszka” が遂に完成の運びとなり、世界に向けて活動の幅を着実に広げている。

また、テキーラ・マエストロの資格を持ち、ウルトラプレミアムテキーラ「PATRON」の『パトロン バレルセレクトINORAN ボトル』をこれまで2度プロデュースし、さらには2017 年7 月20 日にはメキシコ大使館にて「テキーラPR 大使」を任命されるほどのテキーラ愛飲家という側面も持つ。

ソロ活動20周年を迎えたINORANは、2017年8月23日にセルフ・カヴァー・ベストアルバム「INTENSE/MELLOW」を発売。
「INTENSE」は“動”、「MELLOW」は“静”をコンセプトとし、これまでのアルバム群から、自身がセレクトした楽曲に新曲を加えた2枚組音源となった。

この作品を提げて同年、この作品を提げて全国ツアーが13会場で開催された。
その最終日9月29日に開催された
『SOLO 20TH ANNIVERSARY TOUR 2017 -INTENSE / MELLOW-<B-DAY LIVE CODE929/2017>at SHINKIBA STUDIO COAST』
の模様を収録したライブ映像と新曲入りCD「Override」が、2018年8月22日に発売を控えている。

LINK

INORAN OFFICIAL WEBSITE

SUGIZO (LUNA SEA / X JAPAN)

SUGIZO

PROFILE

作曲家。ギタリスト。ヴァイオリニスト。音楽プロデューサー。
日本を代表するロックバンドLUNA SEA、X JAPANのメンバーとして世界規模で活動中。
同時にソロアーティストとして独自のエレクトロニックミュージックを追求、更に映画・舞台のサウンドトラックを数多く手がける。
音楽と平行しながら平和活動、人権・難民支援活動、再生可能エネルギー・環境活動、被災地ボランティア活動を積極的に展開。アクティヴィストとして知られる。

LINK

SUGIZO OFFICIAL WEBSITE

BLUE ANGEL

BLUE ANGEL

MEMBER

Vo: Uri-vo / Ba: En-chan / Gt: Amlow / Dr: Ken-bo / Gt: Kon-G

PROFILE

1985 ANGELを結成
1986 CDデビュー
1988 BLUE ANGELに改名
ANGEL EYES(CD)
1989 MEDIA HOLIC(CD)
1992 Rock’a Billy(CD)
ボーカル浦江アキコがドラマ「ホームワーク」出演
1993 EDEN(CD)
BLUE ANGEL(CD)
1998 Going Right(CD)
1999 F☆CKIN’ COOL(CD)
2001 BURN(CD)
2002 Happy Go Lucky(CD)
2003 BULL’S EYE(CD)
2005 ゴールデンベスト(CD)
2009 Keep on Rockin'(DVD)
SLAPBEAT ONE(CD)
2013 季節の風に(CD)
「斉藤さん2」主題歌
ライブ活動、アルバム制作を続けています。

LINK

BLUE ANGEL オフィシャルサイト

OPENING ACT

Cat Streets

cat streets

PROFILE

2018年末、Vo.渡辺マサヤを中心にハラジュク キャットストリートで結成。
80年代原宿のメインカルチャーだったオールディーズポップスを現代風に進化させた
“ネオ・ハラジュクポップ”バンド。

LINK

Cat Streets official website

BRIDEAR

BRIDEAR

MEMBER

Vo: KIMI / Gt: MISAKI / Gt: AYUMI / Ba: HARU

PROFILE

地元でのLIVE活動を中心に人気を博し全国展開してゆく。
2016年には初のヨーロッパツアーを敢行、その後2017年に2回 2018年1回と計4回のツアーを敢行。これまで11か国50公演を経て、ヨーロッパでの人気バンドの地位を築く。
2016年にリリースした1st FULL ALBUM 『BARYTE』は好セールスを記録した。それと同時に日本国内でも注目され始め、東京、大阪、名古屋とワンマンライブを行うようになるその模様はDVD『LIVE TOUR 2018 MARCASITRE』としてリリースされた。2018年に入り新メンバーとしてギターにMISAKI、 2019年にギターにAYUMI,ドラムにYURIが加入し、ますますパワーアップしたブライディアに注目が集まっている。

彼女達のサウンドは、当初パワーメタル、ジャーマンメタルに傾倒していたが、 ボーカルのKIMIの歌い上げる抒情的なメロディによってよりキャッチーさが強調され
新メンバーの加入によって、より変化を遂げようとしている。

LINK

BRIDEAR オフィシャルサイト

ザ・ヒーナキャット

ザ・ヒーナキャット

MEMBER

Vo.Gt.Key: ひーちゃん / Ba.Cho: ちの

PROFILE

2016年ザ・ヒーナキャットは『お楽しみ箱〜真っ赤に染まれ〜』を引っさげ全国ショッピングモールツアーを敢行した。
ロックバンドがショッピングモールツアーをするという掟破りなツアーを敢行した結果、2017年1月に行われた、TSUTAYA O-WESTでのワンマンライブにおいて家族連れやお年寄りの集客が多く、急遽、二階席をシニア席子供席とした実績を持つ、まさにファミリー向けゴシックロマンチックな二人組である。
 
アンサンブルの妙を表現し、コード主体の現代のバンドサウンドに対しフレーズとフレーズが織りなす、立体感のあるサウンドはある意味オーケストラ的アプローチ。これがザ・ヒーナキャットのサウンドの要となっている。
 
2013年全国USENインディーズチャートで「恋がしたい」が年間1位を獲得!
フランスNolife TVでのジャパンカウントダウン1000において、インディーズバンドながら、並みいる強豪達を押しのけ堂々の2位獲得。
MVチャートで4曲すべてが殿堂入りとなる快挙を果たしている。
更に最新作のちょこちょこちょこっとちょこちょーだいのMVは一位を獲得している。
 
2016年『お楽しみ箱〜真っ赤に染まれ〜』を携え6月12日日比谷野外音楽堂での「NAON NO YAON」に出演、6月19日名古屋ell.FITS ALLにてレコ発ワンマンライブ、7月17日サンダースネイク厚木にて相川七瀬ツアーのオープニングアクトを務める。
8月20日SUMMER SONIC出演 9月18日Electric Lady Loud出演 10月10日MINAMI WHEEL2016出演
そして2016年12月に続き行われた2017年1月のTSUTAYA O-WESTのワンマンライブを遂にDVD化 2017年4月発売。
2017年2月11日にSEGAの人気アーケードゲームであるチューニズムにボーカリストとして、ひーちゃんが採用される。
更に2017年7月5日には全10曲入りのフルアルバム『お楽しみ箱〜水色の涙〜』をリリース。
2018年、絶叫する60度とのコラボアルバム『絶叫するヒーナキャット』で作曲と演奏を全曲担当、発売日からオリコン26位を獲得、ディスクユニオンチャートで1位獲得。絶叫する60度と47都道府県ツアーを敢行した。
勢いにのる2人は全国ありがとうワンマンツアーを9月よりスタートさせ、2019年1月のファイナルは厚木市文化会館での初ホール公演が開催。
2019年、3月20日に待望のニューアルバム『お楽しみ箱 〜モノクロの虹〜』がリリース(販売元:クラウン徳間)。
 
ゴシックでロリータのルックスから繰り出されるハードロック&昭和歌謡を召し上がれ!

LINK

ザ・ヒーナキャット OFFICAL WEB SITE

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 有限責任事業組合 信誠会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.